塾は誰でも開業できる時代|夢に向かってステップアップ

レディ

接骨院開業者の頼れる味方

施術

経営相談も業務サポートも

独立事業主にあって、さまざまなアウトソーシングサービスを利用することは業務の効率化や省力化を図る面で非常に役立ちます。それは、接骨院のような特殊な業態においても事情は同じです。接骨院を経営する柔道整復師にとって、事業運営を支援してくれる頼もしい存在、それが接骨師会です。接骨師会は、柔道整復師を会員とする同業者団体です。同種の他の団体と同様、会員同士の親睦や交流のための団体である一方、各種の経営支援事業も行っています。多くの接骨師会にあっては、独立開業者のための相談窓口を設けています。事業計画の策定や資金繰り、スタッフの求人、広告宣伝など、新規開業にまつわるさまざまな相談に応じ、アドバイスを提供しています。寝台や治療器具など、開業に必要な備品類の購入あっせんを行っているところも少なくありません。また、開業後の日常業務についても、サポートが受けられます。特にメリットが大きいのが、保険請求事務のアウトソーシングです。柔道整復師にかかる施術のうち、保険適用分については、患者からの委任を受けることで接骨院が療養費の請求を代行することができます。しかしこれを個々に行おうとすると、健康保険組合や共済組合、国民健康保険などそれぞれの保険者あてにバラバラに請求手続きを行わなければならず、非常に煩雑です。しかし、接骨師会に入会すれば、こうした手続きは接骨師会自体が代行してくれます。請求書の振り分けはもちろん、入金も一括受領してから送金してくれるので、経理事務も楽になります。