塾は誰でも開業できる時代|夢に向かってステップアップ

レディ

国際チャーター便の活用

握手

将来的な国際観光に繋がる

現在、インバウンドの推進における国際チャーター便の誘致に積極的な自治体が多くみられるようになってきました。国際チャーター便の運航により知名度アップに繋がる地域もあれば、それによってツアー造成や地方産品の海外セールスも期待できます。また、インバウンドだけでなく地方にとって国際便をアウトバウンドで利用することもでき、国内外の乗り継ぎなしで目的地まで行けるといったメリットもあります。旅行会社と連携することで旅行者情報を得られ、その人脈を活用することで現地の県事務所と協力できます。また日系企業と連携を図ることによって、地方産品の売り込みが可能です。そうすれば今後、成長が見込まれる東南アジア諸国のセールス展開にも繋がっていくことでしょう。インバウンドは、情報やものが行き交う物流面においても期待されるビジネスのひとつです。中長期的なビジョンでは、国際チャーター便の成功は定期便の誘致にも繋がる可能性があるといわれています。LCCと呼ばれる格安航空会社の発着空港では、近隣県の市町村の人たちが利用しやすいように、リーズナブルな宿泊プランを用意しているところがあります。空港利用の際に前泊する人が増えることによって、地域の宿泊業だけでなく飲食業にも経済波及効果が現れます。フィルムツーリズムによるインバウンドでの成功例では、年間を通じて多くのアジアの団体や個人観光客が訪れ、経済が潤っている地域があります。このようにインバウンドで積極的な地域は、職員が地元の旅行会社や商工会、各自治体の観光に関わる部門の担当者や国際交流員で主に構成されています。この体制で国際観光の推進のアクションプランを立て、実行しているのです。