塾は誰でも開業できる時代|夢に向かってステップアップ

レディ

業種にあった機能を選ぶ

レジスター

様々な種類がある

お店で会計を行う際に必ず見かけるレジですが、今では会計以外にも機能が付いている多機能型のレジも増えてきています。これはposレジと呼ばれており、posシステムが導入されているレジになります。posシステムとは、商品の購買データなどを収集して管理するシステムのことですが、近年、この機能のおかげで在庫や顧客の管理が容易となり、より細かい経営戦略を立てることが可能になってきています。しかし、会計を行うレジといっても、様々な職種があります。飲食業や小売業、アパレル関連や病院など営業しているお店は様々です。posシステムを導入する際は、業種にあった種類のシステムを導入する必要があります。飲食店や小売業の場合は、仕入や売上、スタッフのシフトなどを管理できるシステムを導入することによって、他の動作に時間を割くことができます。アパレル関連は、顧客のニーズに応えることができるように、リアルタイムで在庫状況を管理できるシステムなどが有効です。病院や整骨院などでは、予約状況や顧客の電子カルテを管理できるシステムを導入することによって、混雑状況を防いだり、転記する必要がなくなるので、手間を減らすことができます。posシステムはとても便利ですが、それぞれの業種にあった使い方をする必要があります。また、業種が似ているといっても、自分の企業やお店に欲しい機能がない場合もあります。posシステムを紹介、提供している企業もあるので、わからない部分があったり、要望がある場合は相談してみるのも1つの手です。